1. TOP
  2. 豊橋市
  3. 参加受付開始【CARM防災シンポジウム】巨大地震と台風の複合災害に備える(12/10 豊橋)

参加受付開始【CARM防災シンポジウム】巨大地震と台風の複合災害に備える(12/10 豊橋)

豊橋技術科学大学安全安心地域共創リサーチセンター事務局です。当センター主催の防災シンポジウムの参加受付を本日より開始しました。

下記より、ちらし(申込書)をダウンロードの上お申し込みください。

ちらしダウンロード

Web申込みフォーム(準備中)


防災シンポジウム「巨大地震と台風の複合災害に備える」

日時:2019年12月10日(火)13:00-17:00(12:30開場)
場所:穂の国とよはし芸術劇場PLAT主ホール
住所:豊橋市西小田原町123番地
参加費:無料(事前申込制)/申込期限:12月9日(月)
定員:400名
主催:豊橋技術科学大学 安全安心地域共創リサーチセンターCARM

趣旨:
近年、地球温暖化に伴い、台風の発生が頻発しています。一方、南海トラフ地震の発生も確実視されていることから、台風の前後に地震が発生するような複合的な災害に備える必要があります。
昨年9月に発生した北海道胆振東部地震では、前日の台風によって土壌に大量の水が含まれたことで、地震の際に大規模な土砂崩れが起きたと考えられています。また、今年は伊勢湾台風から60年という節目の年でもあります。
そこで、本シンポジウムでは、広く市民の防災意識向上に寄与することを目的に、地震と台風による複合災害が、インフラに与える影響に着目し、それぞれの分野の専門家を招いてディスカッションを行います。

プログラム:
13:00〜13:10 開会あいさつ|大西隆 豊橋技術科学大学長
13:10〜14:10 臨海部産業施設の地震・津波リスクと強靭化|濱田政則 早稲田大学名誉教授
14:20〜15:20 近年の風水害の特徴と対策への課題|加藤茂 豊橋技術科学大学教授
15:20〜16:20 地震・台風・電気はどうなる?|都築充雄 名古屋大学減災連携研究センター准教授
16:30〜17:00 パネルディスカッション|進行:斉藤大樹 豊橋技術科学大学安全安心地域共創リサーチセンター長
17:00 閉会

本シンポジウムは、建築CPD情報提供制度(建築技術教育普及センター)における認定プログラムとして申請予定です。

問い合わせ:
豊橋技術科学大学安全安心地域共創リサーチセンターCARM事務局
carm@office.tut.ac.jp(担当:穂苅・松井・尾崎)